内観

土地を探しているなら不動産会社に出向こう

ICの開通でますます便利

絵を描く人

自然豊かな環境で子育て

平成の大合併で、東広島市に編入した黒瀬町は、子育てファミリーに人気のある不動産エリアとなっています。もともと農業も盛んな自然豊かな土地でしたが、編入後には町内を通る自動車道に黒瀬ICが開通し、利便性が良くなりました。黒瀬工業団地もあり、雇用や通勤に便利なことも不動産価値が上がる一因であると言えます。また医療福祉系の総合大学キャンパスがある黒瀬では、町内の教育意識も高いと言われています。市としても「日本一の教育都市」を掲げており、各学校で多くの取り組みが行われています。学習面だけでなく、一校一和文化学習と呼ばれる和文化授業にも力を入れています。子どもの可能性をグローバルに広げる取り組みに賛同し、子育てに黒瀬を選び、不動産購入を決めるファミリーも多いのです。新興住宅地が広がりつつある黒瀬ですが、実は祭りなどの伝統行事も盛んです。そうした行事を通して、地域とのつながりを深めることが可能なことから、他地域から引っ越してきた家族にも優しい街だと評判の不動産エリアなのです。現在建設中の総合公園では、町内を一望できる標高240mにある展望台、多目的広場、遊具エリア、駐車場などが完備される予定であり、休日には家族みんなで楽しむことが出来ます。このように自然豊かなエリアでありながら、町内の中心部ではスーパーやコンビニ、グルメなどの店や病院も整っており、生活圏の充実度が不動産人気を押し上げているのです。